2018.04.23

CL準決勝リバプール対ローマは
どちらが挑戦者か。熟練の3人が探る

  • photo by Getty Images

倉敷 ファーストレグがリバプールのホームであるということもポイントですね。僕が見る限り、リバプールは先行逃げ切り型のチームで、ローマはセカンドレグで挽回するタイプのチームだと見ています。

 実際、両チームの準々決勝の勝ち上がり方もそうでしたし、それを考えると、ローマはセカンドレグで勝負をかけてくる可能性が高いと見てよさそうですね。

中山 確かにそれでいくと、アウェーの第1戦はバランス重視の4バックで戦って、失点をいくつまで抑えられるかという考え方にして、第2戦で攻撃的に出るというパターンが濃厚かもしれませんね。

倉敷 そうです。ローマはアウェーで1点取れば十分という考え方もあると思うので。特に今回のチャンピオンズリーグは、アウェーで点を取ってないと勝てないですから。

 それと、チャンピオンズリーグのような大会では、その時に輝いている選手を持っているチームが強いという印象があります。そういう点で、モハメド・サラーという存在は今シーズンを象徴する選手になる可能性が高いと見ていて、勢いという部分も含めてリバプールが勝ち上がりそうな気がします。

 対するローマでは、〝時の人〟という点では、選手ではなく監督のディ・フランチェスコでしょう。現在のローマでは、あのラジャ・ナインゴランでさえもとてもストイックにハードワークをして黒子(くろこ)になっていて、つまりナインゴラン級のレベルの選手も納得させられるだけの指導力を、ディ・フランチェスコは持っているということだと思います。