2018.04.08

「乾はいいヤツだな」ベティスの
ファン、記者は先走って大歓迎ムード

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by AFLO

「十年ひと昔」とはよくいったものだ。

 正確な日付は覚えていないが、10年近く前、ベティスに日本人選手が加入する可能性があるという情報が入ってきた。そこで広報担当者に電話で獲得の可能性はあるのかと確認したところ、返ってきた返答は次のものだった。

「は? ベティスが日本人選手を獲得する? そんなことは絶対にありえない」

 もちろん、個人の記憶や感情から多少のバイアスがかかっていることは否めないが、「ベティスが日本人をとることなんてありませんよ」というニュアンスだった。

 ベティスのホーム、ベニト・ビジャマリンで行なわれた4月7日のリーガエスパニョーラ第31節ベティス対エイバル。2対0とホームチームが勝利を飾ったこの一戦で、日本人MF乾貴士に向けられた歓声や拍手を聞くうちに、そんなことを思い出した。それは10年前の”門前払い”が嘘のような大きな歓迎だった。

ベティス戦に途中出場すると大きな歓声が湧いた乾貴士(エイバル) この日、筆者はスタジアム周辺を歩いているだけで、ファンから「Inui!」と呼びかけられた。記者席に着くやいなや、地元記者からは「いつ乾は引っ越してくるのか?」「空港で先週、偶然会ったが、乾はいいやつだな」と話しかけられた。すでにベティスのファンや記者の間では、移籍が決定事項になっているかのような会話が自然にかわされていた。

 試合前日にはセビージャの地元ラジオ局から乾に関して取材を受けた。日本での乾の扱われ方やサッカーの話がひと通り終わると、今度は彼らからセビージャの街のよさを聞かされるはめになった。「アンダルシア地方、セビージャの寿司がスペインのなかで一番うまい」という、どう考えても納得できない話もされた。