2018.01.08

森岡亮太をベルギーで直撃!
「ナメられないように結果を残してきた」

  • 高村美砂●取材・構成 text&photo by Takamura Misa

 2017年12月8日に行なわれたスタンダール・リエージュ戦。ワースラント=ベフェレン(ベルギー)のMF森岡亮太は、ピッチの中心で輝いていた。

ベルギーで活躍している森岡亮太 攻撃の際には必ずボールが彼を経由し、”ゴール”の確率が高められていく。結果的に3−1で勝利したこの一戦で、森岡が記録として残した数字は左CKでのアシスト1本だったものの、その存在感を見れば、彼がチーム、監督から大きな信頼をつかんでいるのは間違いないだろう。

 そんな現状にあって、森岡は今、どんなことを感じながらサッカーに向き合っているのか。日本を飛び出して約2年。ふたつ目のクラブで躍進を続けながら、日本代表にも復帰を果たした彼の胸中に迫る――。

――スタンダール・リエージュ戦は先行される展開でしたが、同点に追いついてからは内容、結果ともに理想的な戦いでした。

「(試合は)ほぼパーフェクトでしたね。内容的には今シーズンで一番よかったかもしれない。失点の仕方はもったいなかったけど、追いついてからはほぼゲームを支配していたし、チームとしても、僕個人としても、やろうとしていたこと――ボランチでしっかり相手を潰しつつ、(選手それぞれが)お互いにいい距離を保ちながら、真ん中、サイドと理想的にボールをつなぎ、攻撃のチャンスを作り出すことも徹底できていました。

 僕自身、試合前のミーティングで監督が言っていた『ここのスペースでは必ずリョウタを見つけて、ボールを経由させろ』という指示のもと、たくさんボールも触れたし、楽しくプレーできました」