2017.11.01

レアル・マドリードがおかしくなった。
初昇格ジローナにまさかの敗北

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Getty Images

 もうひとり、低調なプレーを見せているのが、カゼミーロだ。

 DFラインの前を横切る中盤のスペースを死守する役割だが、今シーズンは、相手にそこへ簡単に入られてしまっている。ジローナ戦のスローインからの失点シーンでは、完全にスペースを渡してしまっていた。容易にボールを持っていかれ、失点につながっている。

「点の部分で、インテンシティが下がる場面がある。そこを相手につけ込まれている。しかし残念がっていても仕方ないし、我々は次のページをめくる」

 セルヒオ・ラモスは強気である。

 それでも、守備は再建が急務だろう。ジローナ戦は左サイドバックのマルセロも調子を崩し、右サイドバックのアクラフ・ハキミは経験不足を露呈。さらに、GKのフランシスコ・カシージャも試合勘の鈍りを感じさせた。ビルドアップに苦しみ、カウンターを発動させるどころではなかった。

 守備陣が不安定なそのツケを、攻撃陣が被っている。ジローナ戦のロナウドは終始、「メッシ、メッシ、メッシ」というスタンドの大合唱にいらつき、平常心を失っていた。唯一、MFイスコだけが好調を保っている状況だ。

「サッカーはディテール。例えば、ジローナ戦の1失点目は集中力に問題があった。しかし、試合全体でのプレー強度に問題があったとは思わない。果敢に戦う姿勢を示してくれた」

 ジネディーヌ・ジダン監督は敗戦後にこう語っているが、彼自身の采配もこの日は不発だった。逆転されたあと、追いつくために3バックにしたが、むしろ混乱を招いた。中盤でボールが持てず、逆に攻め手を失ってしまったのだ。