2017.10.15

シュツットガルト浅野拓磨、
「ライバルの活躍を喜べない苦悩」を告白

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko 千葉格/アフロ●写真 photo by Itaru Chiba/AFLO

「自分は今、これくらいのラインなので。試合に出られるかどうかよりも、メンバーに入れるかどうかという激しい競争の中にいるので、危機感をすごく感じますね。(ケルン戦では)途中から入ったシャドラック(・アコロ)も点を決めましたし、ポジションがかぶっている選手がああやっていいプレーをするというのは、刺激になる反面、緊張感だったり危機感もすごく感じる。コツコツやるしかないなと思います」

 課題だと感じるのは、逆境におけるメンタリティだと話す。

「チームでもなかなか試合に出られてなくて、代表に行ってもなかなか結果がついてこない状況の中で、メンタルの部分をいい方向に保ち続けるというのが、難しいひとつの課題だなと感じています。なかなか今みたいな経験もサッカー人生のなかでしてきてなかったので。

 去年、2部のリーグのときもちょっと感じていましたけど、チームの中に結果を出している選手がいて、自分がそうじゃないというのは、あまりしたことない経験なので、そこのメンタリティのキープの仕方というのを今は模索中というか......。練習からいいプレーをするメンタリティというのを探している途中ですかね」