2017.03.02

岡崎慎司、ついに「道が見えた」。
ラニエリ電撃解任→原点回帰で快勝

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

(ラニエリ監督のもとでは)『なんで引いているの?』とか、いろんな疑問があったなかで、(監督交代が)ひとつのきっかけになって、自分たちで前から行くしかないと。勝っても負けても、アグレッシブに戦うしかないってところで、ちょっと荒療治じゃないですけど、そういう風になった」

 思い返せば、白星に見放されるようになったラニエリは、実践するサッカーがどんどん消極的になっていった。失点しないため、人数をかけて守備を固める。守備が手薄にならないよう、攻撃をロングカウンターに頼る。必然的に前線のセレクションは、個の力で打開できるアタッカーが優先された。しかし実際は、昨季ほど守備の強度がないため失点を重ね、ロングカウンター頼りの攻撃も単調そのものだった。悪循環に陥ったレスターは、超低空飛行が続いた。

 岡崎は言う。

「監督がいなくなったことは自分たちの責任だと思う。それで、『やらないといけない』という意識がチームに芽生えた。もう追い込まれたわけじゃないですか? 周りの選手もいろいろ叩かれる部分があったし。チームとしては、それでも前を向いてやらないといけない。それで、ひとつにまとまったと思う」