2016.06.14

イブラヒモビッチ、必殺の「マイナスの折り返し」でドローに持ち込む

  • 杉山茂樹●文text by Sugiyama Shigeki 赤木真二●写真 photo by Akagi Shinji

スウェーデンの攻撃を牽引したイブラヒモビッチ アイルランド対スウェーデンと聞いて想像するのは空中戦。早めに放り込むサッカーだ。しかし、実際にそれを行なったのはアイルランドのみ。スウェーデンは確実に繋ごうとした。「我々スウェーデンは、アイルランドとは違う。あのような古典的なサッカーではない。もっと志の高い集団だ」と、言わんばかりに。

 実際、スウェーデンはW杯3位(50年、94年大会)を頂点に、これまで世界のサッカー史に名を刻んできた。現在のメンバーにはズラタン・イブラヒモビッチというバロンドール級の選手も存在する。アイルランドとどちらが格上かと言えば、スウェーデンであることは明白だ。

 そのプライドがスウェーデンには災いした。格の違いを見せようとしたが、それができず焦った。無欲のアイルランドに健闘を許した。

 対するアイルランドは、スウェーデンとは異なり、単純に蹴り込むことにまるでてらいがない。洒落ていない非今日的なプレーを臆面もなくやりきる遂行能力、それに格好悪さを感じない鈍感力こそが、アイルランドの強みになる。