2016.06.09

レベルはW杯以上。宮本恒靖のユーロ2016注目国は「オーストリア」

  • 佐藤俊●構成 text by Sato Shun

 6月10日(現地時間)にいよいよ開幕するユーロ2016。元日本代表DFで、現在はガンバ大阪ユースチームの監督、WOWOWの解説者も務める宮本恒靖氏が大会の展望を語ってくれた。

宮本恒靖氏が推す今回のユーロの優勝候補はドイツとフランス 今回のユーロは、参加国が8チーム増えて24チームになりました。ワールドカップ(W杯)よりレベルの高い試合がいつも以上に多く見られるのは、すごく楽しみですね。

 今大会の優勝候補ですが、ドイツとフランスの2カ国だと考えています。

 ドイツは、2014年ブラジルW杯で優勝したマネジメントがそのまま今回もうまく活かされると思いますし、W杯の優勝経験が大きな財産になっています。しかも、ブラジルW杯以降、今回のユーロまでそれほどメンバーが変わっていない。2010年南アW杯得点王のトーマス・ミュラーを始め主力が脂の乗ったいい年齢になってきているのも大きい。

 絶対的なキャプテンだったフィリップ・ラームがチームを去り、精神的な支柱のバスティアン・シュバインシュタイガーの調子が上がってきていないのが気になるところですが、守護神マヌエル・ノイアー、DFリーダーのマッツ・フンメルス、中盤のトニ・クロース、前線のミュラーと、縦のセンターラインがしっかりしている。

 選手層、経験、戦術どれを取っても優勝候補にふさわしい充実したチームになっています。