2016.04.20

バーディー不在の非常事態。
岡崎慎司が「自分の価値」を証明する

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by AFLO

 ただ、数的不利に陥りながら、チームが後半のアディショナルタイムで同点に追いついたことに、「デカイ。あれだけの粘りを見せた。勝ち点は『1』ですけど、チームの雰囲気的にはよかった」と安堵の表情を浮かべていた。さらに、チームの現状については、「優勝というのはあまり考えていないし、ここまでいっていることが奇跡だと思っている。自分たちのプレーを続けていくことが大事」と前向きにも話した。

 しかし、ここから踏ん張りどころという場面での交代......。それゆえ、試合後の岡崎は同点劇に喜びながら、どこか浮かない複雑な表情を見せていた。

 その分、次節のスウォンジー・シティ戦に懸ける意気込みは大きい。今節で退場処分を受けたバーディーは、出場停止で次節のピッチに立てない。エースを欠いたまま大事な一戦を迎えることになり、FWの岡崎は力を込める。

「バーディーの出場停止? 自分のチャンスだと思っている。そういう試合で、決めきるところで決めて、自分の価値というか(を証明したい)。チャンスだと思っているので、貪欲に狙っていきたい。レオ(・ウジョア)も調子いいし、彼とのコンビネーションも練習でうまくいっている。(ゴールを)狙っていきたい」