2015.12.18

強いバルサの本質。3ゴールより凄みを感じたスアレス「鬼の追走」

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 0-3で敗れたが、広州恒大は大善戦したと思う。というか、レベルそのものが高いチームだった。チャンピオンズリーグでいえば、あるいは予備予選の3回戦を突破し、本大会のグループリーグに駒を進めることができるかもしれないレベル。支配率で75対25の関係に持ち込まれながら、最後まで自ら崩れることはなかった。

 バルサに3ゴールをもぎ取られたが、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の「欧州の強豪クラブでもバルサに平気で0-3で負ける」との台詞が、強がりどころか説得力のある言葉に聞こえた。

クラブW杯広州恒大戦でハットトリックを達成したルイス・スアレス 言い方を変えれば、3点すべてをマークしたスアレスの得点感覚が光った試合。「ハットトリック!」は見出しを飾る言葉として不可欠になる。だが、スアレスはゴールゲッターで、これまでにも貴重なゴールを幾度となく叩き出してきた。広州恒大相手のハットトリックに熱狂する行為は、従来のスアレス像をなぞるだけ。切り口としては平凡だ。

 特筆すべきことは別にある。間近で見て、あらためて凄いなと感服したのは後半5分、2点目のゴールを決めた直後。相手のキックオフで始まったボールを、敵陣深くまで猛然と追いかけていったプレーだ。