2015.12.16

守備固めの岡崎慎司。先発へのカギは「バーディーにないプレー」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by AFLO

 岡崎の言葉どおり、今節のレスターには確かな成長の跡が見えた。バーディーへの依存度の高い攻撃は単発的な印象だったが、ショートパスをテンポよく回して決めた先制ゴールには一体感があった。ディフェンスに目を向けても、4-4-2の守備ブロックを大きく崩さず、スピードに難があるセンターバックをうまくカバー。特に、中盤を広く動いて敵の攻撃を摘み取るカンテの貢献度は高かった。

 また、試合運びも改善している。前半のプレーがまるでダメでも、後半から巻き返して逆転勝利した試合が少なくなかったように、これまでの試合はどこか「ぎこちなさ」があった。だが、ボールを持たせてショートカウンターを繰り出した前半といい、チェルシーの総攻撃をいなした後半といい、試合巧者な一面を見せた。岡崎も充実ぶりを認める。

「今日のレオ(・ウジョア)のプレーを見ていても、競り合いの部分などで自分にはない良さを出している。そして、バーディーもしっかり点を獲る。だから、自分が出られないのも納得できる。自分の特徴を出せればまだまだやれると思うが、客観的に見れば(今の状況は)しょうがない部分はある」

 もちろん、試合には出たい。出番を与えられれば、インパクトを残したい気持ちも強い。しかし、ピッチに目をやると、試合を重ねるごとに選手もチームもパフォーマンスが向上し、選手間の補完性もとれている。チームの好調さを冷静に分析できている分、本人としても歯がゆい気持ちは相当強いことだろう。