2015.05.17

クロップ監督とあと2試合。工夫のなさを嘆く香川真司

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 ブンデスリーガ33節、ドルトムントはボルフスブルクに1-2で敗れた。

 ドルトムントがクロップ監督とともに戦う日々も終わりが近くなってきた。リーグ戦はこの日のボルフスブルク戦含めてあと2試合、そしてドイツ杯の決勝と計3試合しかない。だが、クロップ退任というカンフル剤が効いたかに見えたドルトムントもどうやら息切れの様子だ。前節のホッフェンハイム戦に引き分けたのに続いて、この日は5戦ぶりの黒星を喫した。先発して70分までプレイした香川真司は嘆いた。

ボルフスブルク戦に出場した香川真司(ドルトムント)「こういう相手にああいう失点の仕方は絶対避けなきゃいけないです。今年はこういう形が多いなと思っていますけど」

「こういう相手」とは、カウンター主体の戦術を取るチームという意味。今季のボルフスブルクはリーグ2位と好調だが、戦い方はいたってシンプル。後ろを固め、前線は手数をかけずに攻める。2列目左サイドのデブライネのスピードとテクニック、16得点のCFドストの決定力が光るチームだ。1点を取れば守りきる方法を知っている相手に先制点を献上してしまうのは、もっともやってはいけないことだろう。

 そして「ああいう失点の仕方」というのはミス絡みということ。香川の言うとおり、今季はミスから失点し、引かれた相手を崩せないことが少なくなかった。