2015.04.10

「もっとシュートを」。クロップ監督が香川真司に求めるもの

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 4月11日、ドルトムントはアウェーの地で現在3位のボルシアMGに挑む。4日のバイエルン戦(0-1で敗戦)に続き、上位チームとの対戦が続く。

 ミッドウィークのドイツ杯準々決勝、ドルトムントはホッフェンハイムを延長の末に3対2で破り、ベスト4進出を決めている。バイエルン戦で後半途中出場だった香川真司は、先発して120分間フル出場。まさにヘロヘロの状態で試合を振り返った。

ドイツ杯ホッフェンハイム戦に120分間出場した香川真司 2対2で延長戦に突入すると、クロップ監督から香川に檄が飛んだ。

「もっとボールを受けて、逆サイドに散らしていって、シュートに関わるボールをもっと質を高めて(プレイするように)と、言われました」
 
 その口調からはもどかしさが伝わってきた。今季ここまで本調子とは言えない香川だが、指揮官が香川に対してどのような要求をしているのか、伝わってくることはほとんどなかった。この日は思いがけず、その一端が垣間見られた。

 試合は前半19分にドルトムントがDFスボティッチのゴールで先制。だが2分後に同点弾を浴びると、9分後には先制点をあげたスボティッチのミスから逆転される。迎えたハーフタイム、クロップは選手たちに足元を見つめさせた。