2015.03.18

アトレティコCLベスト8。復帰のトーレスを震わせた歓声

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 特にアトレティコサポーターがこの試合で担った役割は大きかった。「彼らのことを話すだけで自分はもう鳥肌が立つんだ。彼ら自身はきっと彼らの後押しがどれだけ選手に大きな力を与えているかはわかっていないはずだ」と、試合後に指揮官シメオネが賞賛したほどだった。

 これまでビセンテ・カルデロンで行なわれてきたビッグゲームと同様、彼らの応援、後押しは、言うなれば映画のクライマックスでそのシーンを際立たせ、盛り上げるバックミュージックのようなもの。しかもいつまでも心に残る名曲のようなものだ。だからこそ、PK戦5番目のキッカーを務め、大きな責任を感じたはずのFWフェルナンド・トーレスもこう語るのだ。

「本当にアトレティコの選手で良かった。スタンドの人々が試合を楽しみ、選手を応援し、幸せな結末を迎えたことが嬉しい。今日のような夜をカルデロンで過ごすことを心から望んでいた。CLでこんな夜を過ごせることは大きなプレゼントだし、どんなものよりも素晴らしい」

 今年1月にミランから古巣への復帰を果たしたアトレティコの英雄は、満員のサポーターと共に迎えた幸せな結末を心から喜んだ。