2015.02.21

ミラン番記者が語る「本田にブーイングを浴びせた集団の正体」

  • クリスティアーノ・ルイウ●取材・文 text by Cristiano Ruiu 宮崎隆司●翻訳 translation by Miyazaki Takashi

 セリエA第23節(2月15日)、ミランと本田圭佑は、イタリアのサッカー界で下の層に位置するエンポリに完全に封じられた(1-1)。まずはその事実を直視しなければならない。この試合でミランを圧倒したエンポリの年俸総額は、ミランの10分の1。本田を封じた左SBマリオ・ルイは23歳、彼の年俸は本田の1割にも満たない。

 そして、地方の弱小クラブにさえ歯が立たなかった直後、ミランのティフォージ(熱狂的サポーター)たちは激しいブーイングをチームに浴びせた。

今季も不振のミランで10番を背負う本田圭佑 photo by Getty Images 大半のファンは、それこそなけなしの金を財布から引っ張りだしてチケット代を払い、ミランの勝利を祈りながら客席を埋めている。なかには20年、30年、いや40年、50年とミランを見続けてきた者たちも少なくない。その彼らが、数十年に渡り愛し続けてきたクラブの惨状を見るにつけ、いたたまれない気持ちを表す手段はブーイングしかないのである。

「選手にプレッシャーを与えることで、次の試合に勝てるのならば、そうすればいい」という本田の発言は、「生ぬるい」と言われてしまうかもしれない。イタリアのサッカー界は、負けても”感動をありがとう”と慰めてくれる者などいない。

 それが身に沁みているユベントスの主将ブッフォンは、第23節で”地方クラブ”チェゼーナに引き分けた後、「勝てなかった責任はすべて主将の自分にある」と、自らに対する猛烈な怒気を露わにしながら語り、記者たちがなだめるほどだった。