2015.02.05

バイエルンにドロー。グアルディオラを笑わせた内田篤人

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 2月3日に行なわれたバイエルン対シャルケ戦の前半17分。バイエルンのセンターバック、ジェローム・ボアテングが、ペナルティエリア内で犯したファウルにより一発退場となった。PKを得たシャルケ。ライン上では両チームの選手たちが位置取りのためにうごめき、審判がそれをコントロールしようとしている。いたってよくあるシーンが繰り広げられていた。

 ふとバイエルンのベンチ前に目をやると、グアルディオラがシュバインシュタイガーを呼び何やら話をしている。一人少なくなった後の戦い方、システムについて話し合いをしていることは想像に難くない。ベンチ前から少し視野を広げると、そこにはPKのプレイに加わらないのであろう、内田篤人が立っていた。

バイエルン戦でロッベンとマッチアップする内田篤人 しばらくすると、内田はゴール前ではなく、バイエルンの話し合いに参加するかのようにそのベンチ前に寄っていった。グアルディオラが「あっちに行け」とばかりに内田の頭をはたく。表情までは見えないが、内田は「てへへ」とでも言いたそうな素振りでその場を去った。ほどなくしてシャルケのチュポモティングが放ったPKは外れた。

 内田がそのときの行動を説明する。

「あそこにいたら、(グアルディオラとシュバインシュタイガーの)話が聞こえてきてさ。4-4-1にしようとか話していた。だからベンチに近づいていったら、監督に『ゴー・ホーム!』って言われたよ」

 相手の作戦会議への参加を試み、追いやられたというわけだ。もちろん、本気でスパイをしようとしたわけではない。

「(グアルディオラは)めっちゃ、笑っていたよ。そういうユーモア、必要でしょ? 日本人にも」