2015.01.30

ブンデス再開。ポジション「確保」した酒井宏樹のため息

  • 山口裕平●文 text by Yamaguchi Yuhei
  • photo by Getty Images

 1月30日(現地時間)、約1ヵ月ぶりにブンデスリーガが再開する。冬の移籍市場が閉まる直前ということもあり、さまざまな話題が飛び交っているが、そんな中、ハノーファーは酒井宏樹ただ1人と手薄だった右SBの補強が契約直前で破談に。「危険」な状態でシーズン後半戦を迎えることになるかと思われたが、再開直前にバレンシアからポルトガル代表ペレイラを獲得してことなきを得た。

ブンデス再開前の練習試合に出場した酒井宏樹(ハノーファー) ブンデスリーガ再開まで1週間を切った1月25日、ドイツメディアはハノーファーが右SBストヤノビッチを獲得したと一斉に報じた。ストヤノビッチは昨年11月に19歳の若さでスロベニア代表デビューを飾り、NKマリボルの一員として今季の欧州チャンピオンズリーグ5試合にも出場した期待の若手だ。これでハノーファーは手薄だった右SBの補強に成功、酒井を脅かすほどの若き才能を手に入れることができたはずだった。

 しかし、翌日になって事態は一転。契約完了を待っていたメディアから交渉決裂が報じられ始められると、クラブから公式にマリボルとの破談が発表された。どうも契約完了直前になってマリボル側が移籍金を釣り上げ、それに対してハノーファー側が首を縦に振らなかったということらしい。ストヤノビッチもサインのためにハノーファー入りし、気持ちの準備はできていただけに、ハノーファーにとってもストヤノビッチにとっても残念な出来事になってしまった

 ストヤノビッチ獲得が破談になったことを残念に思ったのは酒井も同じだった。酒井にとってポジションを争うライバルの加入がなくなったことは、レギュラー確保という点で考えればポジティブなハズだ。しかし酒井はこの事態をそうは捉えなかった。酒井はライバル獲得の破談に何を思ったのだろうか?