2015.01.08

国王杯でも敗れる!最強レアル、急ブレーキの理由

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 マドリードの盟主を懸けた戦いともなった国王杯ベスト16の対戦。現地時間1月7日に行なわれたアトレティコ・マドリード対レアル・マドリードの第1戦は2対0でホームのアトレティコが勝利し、第2戦に向けて大きなアドバンテージを手にした。一方、昨年末まで公式戦22連勝を達成し、向かうところ敵なしであったレアル・マドリードは、胸に世界王者の証であるワールドチャンピオンズバッジをつけてから3戦全敗と、勝利から見放されている。

「22連勝もすればそのうち負けることはあるし、この敗戦は特にチームの士気に影響はしない」と、約4ヶ月ぶりに敗戦を喫したバレンシア戦(1月4日)後の記者会見では冷静に語っていたアンチェロッティ監督だが、親善試合のミラン戦(12月30日、結果は4対2でミランの勝利)を含めて3連敗となった今、その心境は決して穏やかではないだろう。

アトレティコ・マドリード戦で不発に終わったC・ロナウド 中盤の柱モドリッチの離脱、FWベイルの自己中心的なプレイ、以前のような爆発力がなくなったクリスティアーノ・ロナウド、新加入ハメスの存在感の薄さ、セルヒオ・ラモスの軽率なプレイ、選手固定による疲労の蓄積、燃え尽き症候群、クリスマス休暇後のコンディション不足、コンビネーションのわずかなずれなど、レアル・マドリードの勢いが失せた理由をあげたらキリがない。

 中でも深刻な問題と言えるのは、シーズン再開後のパフォーマンスに、連勝中にはあった相手を圧倒する迫力あるプレイがないことだ。「奥行きのある攻撃が出来ていない」と、アトレティコ・マドリード戦後にアンチェロッティも認めている。