2014.07.05

ブラジルの寝技に屈す。美しき敗者コロンビア

  • 杉山茂樹●分text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 W杯本大会で僕はこれまで数え切れないほど敗者を見てきたが、この日のコロンビアに勝る敗者はない。そう断言したくなる。69分、ダビド・ルイスの直接FKが決まりスコアは0-2。コロンビアの善戦ももはやこれまで。試合は決着したかに見えた。その時、20数分間にわたるそれ以降の試合内容を予測した人はどれほどいただろうか。

PKを決め、最後までブラジルを苦しめたハメス・ロドリゲス コロンビアは、当然のことながら攻めた。だが0-2になってからの攻めは、とかく荒くなりがちだ。舞台はアウェー。気ばかり焦って細部にミスが出るものだが、コロンビアは思いのほか冷静だった。そのように見えた理由は、ブラジルに比べてパスコースが多かったからだ。

 出し手と受け手。ブラジルのパスコースが2点間の関係になっていったのに対し、コロンビアのパスコースは、常に2つ以上あった。ピッチには三角形が描かれていた。選手のポジショニングが良いこと。それに加えてドリブル、フェイント等、1対1で優位に立ったこともある。相手に接近してその逆を突く。すると1ヵ所しかなかったパスのコースは2ヵ所、3ヵ所に増えた。ピッチには幾何学模様が描かれることになった。見ていて美しかった。パスとドリブルがここまでバランスよくミックスされた攻撃も珍しい。

 78分、グティエレスに代わって入ったFWバッカが、ブラジルGKジュリオ・セザールに倒されてPKを得る。それをハメス・ロドリゲスが決め1点差にすると、コロンビアの追い上げムードはいっそう激しさを増した。