2014.06.29

コロンビア8強入り。エースの活躍に日本戦の影響あり

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 4日前に日本代表の望みを打ち砕いたハメス・ロドリゲスが、今度はウルグアイを奈落の底に突き落とした。

ベスト8進出を決めて喜ぶコロンビア。中央の10番がロドリゲス 南米対決となったワールドカップ決勝トーナメント1回戦コロンビア対ウルグアイ。互いに手の内を知るライバル同士の対戦は、派手な動きのないこう着状態が続く試合となった。

 ボールを保持し、攻めるのはコロンビア。5バックのDFラインを中心に、これをはね返すウルグアイ。試合序盤から、どちらも持ち味を発揮していた。

 加えて、スタンドのあちらこちらで両国のサポーターが小競り合いを起こす。選手のプレイを邪魔しようとするレーザー光線がピッチ上にチラチラと光る。この日のマラカナンスタジアムは、よくも悪くも南米らしい雰囲気に満ちていた。

 20分過ぎ、スタジアムの電光掲示板にはコロンビアのボール支配率が70%に達していることが示され、スタンドがどよめく。それでもウルグアイはあくまで守備に重点を置き、淡々と試合を進めた。

 互いの特徴が生かされ、こう着状態が続いていた試合を動かしたのは、コロンビアの背番号10の左足だった。

 28分、相手のクリアを拾ったMFアギラールからのパスを胸で受けたロドリゲスは、そのままボールを芝の上に落とすことなく、左足でボレーシュート。鮮やかな個人技でコロンビアに先制点をもたらした。

 前半はどちらにも目立ったチャンスがなかった。コロンビアの先制ゴールにしても、守備を完全に崩したわけではない。それでも相手DFラインの前に、左足を一振りできる時間と空間が生まれた瞬間をロドリゲスは見逃さなかった。