2014.01.27

内田篤人も感嘆。エース復活でシャルケ5位浮上

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by GettyImages

 ブンデスリーガの後半戦がスタートした。その18節、バイエルンがボルシアMGに快勝した以外は、上位陣は軒並みつまずいた。レバークーゼンはフライブルクにまさかの敗戦、ドルトムントはアウグスブルクと引き分け、しかもMFブワシチコフスキが負傷し今季絶望という大きな痛手を負った。ボルフスブルクはハノーファーに、ヘルタ・ベルリンはフランクフルトにと、それぞれ下位のチームに敗れている。

 そんな中、7位のシャルケはハンブルガーSVに3-0と快勝、一気に5位まで順位を上げた。前半戦を連敗で終えたハンブルガーSVが相手だったとはいえ、久々の快勝だった。明らかな要因が一つある。エース、フンテラールの先発復帰だ。
 
 前半戦、シャルケが不本意な成績にとどまった理由の一つにフンテラールの離脱があった。第2節のボルフスブルク戦で右ひざ靱帯を負傷。リハビリを行なって、いったんは練習に復帰するが、今度は練習中に痛めてしまう。10月に入り手術を決断し、昨年いっぱいは治療に時間を費やした。

 フンテラールの魅力はもちろん得点力だ。一昨季は25ゴールでブンデスリーガ得点王になった。頭でも足でもと、得点パターンはバリエーションに富む。

ハンブルガーSV戦に先発した内田篤人(シャルケ) そしてもう一つがポストプレイ。かつて内田篤人が「シャルケで一番驚いたのはフンテラールのポストプレイ。もしかしたらラウル以上にインパクトがあったかも」と表現したことがある。相手と体をぶつけてマイボールにし、状況が悪ければ動き直し、柔らかくボールを収めて味方につなぐ。「ボールを持ったときに思わず探してしまう」と、内田はその存在感について語る。それは代役として前半戦プレイしたシャライにはないストロングポイント。フンテラールがいることで、攻守がスムーズに機能するのだ。