2013.09.17

香川真司、酒井高徳、長谷部誠…。欧州組に代表戦の影響あり?

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • 木場健蔵●写真 photo by Koba Kenzo

 イングランドでは香川真司が出場機会を得られずに苦しんでいる。モイーズ監督がその主な理由に挙げるのが「日本代表に常に招集されているから」ということ。日本代表のスケジュールがチームのそれを浸食するため、まずは共に過ごす時間が足りない。そして長い移動の直後では試合に使えない、というのがその言い分だ。9月14日のクリスタル・パレス戦、香川はベンチ外となった。

 ブンデスリーガに目を移すと、日本人選手はおおむね出場機会を得ている。モイーズが言うように、パフォーマンスに代表戦の影響は見られたのだろうか。

新天地ニュルンベルクでのデビュー戦に先発フル出場した長谷部誠 13日のヘルタ対シュツットガルト戦には、代表を外れた細貝萌と、ガーナ戦から中2日の酒井高徳が先発出場している。細貝が軽快な動きを見せたのとは対照的に、酒井はかなりプレイに重さが残っていた。「時計を見たらまだ60分か、と思いました。疲れました」と、酒井は明かす。

 酒井はガーナ戦直後の深夜便で渡欧しており「一日遅かったらコンディションはどうだったんだろう」とも話した。一方の細貝は、代表に招集されていた時もあまり出場時間はなかった。「代表でもクラブでも 試合に出るというのがベスト。でも、代表で出られなくて、コンディションが理由でこっちでも出られなくなるという悪循環よりは良い」と、今の状況を素直に語っている(結果は1-0でシュツットガルトの勝利)。