2022.07.02

勝ち始めた湘南ベルマーレの狙いどおりの攻撃がはまったゴールシーン。中盤のボール回しからどのように相手を崩したか

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question 
米本拓司にボールが渡ったあと、湘南ベルマーレはどのように崩したか?

 Jリーグ第18節、京都サンガF.C.対湘南ベルマーレが行なわれ、アウェーの湘南が1-0で勝利した。湘南は代表ウィーク明けからリーグ2連勝。

 順位はまだ16位と降格圏内にいるが、ここにきて勝ち点を伸ばしている。

 両チームとも、立ち上がりから球際で激しくぶつかり合いながら主導権を奪い合うが、前半は0-0で折り返した。

 スコアが動いたのは終了間際の後半42分、絶好調の湘南・町野修斗がゴールを決め、そのまま逃げきって1-0で勝利となった。

 今回は、町野の決勝ゴールのシーンをピックアップする。

 後半42分、京都のクリアボールを拾った湘南が、中盤中央にいる瀬川祐輔へボールを渡して持ち上がる。

 ペナルティーエリア手前まで進入すると、タリクとのワンツーから左横にいる米本拓司へパス。

米本がボールを受けた状況。次の瞬間、湘南はどのように相手を崩したか米本がボールを受けた状況。次の瞬間、湘南はどのように相手を崩したか この記事に関連する写真を見る  米本にボールが渡るタイミングで、畑大雅が左ワイドに開いていく。中央には町野と大橋祐紀、タリクがいた。

 この状況で、湘南は次になにを選択して、京都の守備を崩しただろうか、というのがQuestionである。