2022.04.19

高校サッカーの「寮生活」が激変。洗濯は業者、1人部屋でプライベートも確保…選手はその充実ぶりで学校を選んでいる

  • 森田将義●取材・文 text by Morita Masayoshi
  • photo by Morita Masayoshi

学校・練習・住まいが近距離の寮生活のメリット

「今の高校サッカーは地方勢が強くて、都会の高校は全国大会で勝ちづらくなっている」。大阪のある高校の指導者が発した言葉が印象に残っている。近年の高校サッカーは練習で身につけた技術、戦術を試合で発揮するために、肉体強化に力を入れるのがスタンダードになっている。

岡山学芸館高校の「瀬戸内占春寮」。野球場とサッカーグラウンドに隣接している岡山学芸館高校の「瀬戸内占春寮」。野球場とサッカーグラウンドに隣接している この記事に関連する写真を見る  都市部の高校はバスや鉄道など交通網が発達し、遠方からでも学校へ通いやすい。ただ、広範囲から優秀な選手が集まりやすいのは利点であると同時に、選手がフィジカルを鍛える上でネックになってくる。

 例えば、冒頭で挙げた大阪の高校では、通学に1時間以上の時間をかけて隣県から通う選手が少なくない。学校の授業と練習を終えて、家に帰ると22時過ぎ。そこから食事を摂り、お風呂に入って寝ると日を跨ぐのが当たり前になる。

 さらに次の日も朝練などに向かうために6時前後には起床するとなると、育ち盛りの選手にとって大敵である睡眠不足に陥る。

 その点、学校生活、練習、日常生活を近距離で過ごせる寮生活は、選手の成長に理想的な環境が整っていると言えるだろう。練習を終えればすぐに食事が摂れて、就寝時間も早くなる。自宅生とは違い、日頃どんな食事をして、栄養を摂っているかまで目が行き届くのも寮生の利点だ。

 そうした日々の積み重ねが、3年間の高校生活によってフィジカルの差として表れ、結果にも出てくる。近年の高校サッカー選手権でコンスタントに上位に食い込む青森山田高校(青森県)、矢板中央高校(栃木県)などはその代表例と言えるだろう。

 そんなサッカー強豪校は、選手権出場に憧れる遠方の選手を受け入れるため、寮を完備するのが当たり前になっている。そして、今の寮は"古い・汚い・プライベートがない"といった、以前はあった負のイメージを覆す施設が増えている。