2022.03.19

中村憲剛が佐伯夕利子に聞いたスペイン・ビジャレアルの育成法。「Doing」と「Being」の大きな違い

  • 二宮寿朗●取材・文 text by Ninomiya Toshio
  • 熊谷 貫●撮影 photo by Kumagai Tsuranuku

中村憲剛×佐伯夕利子対談 @前編

集英社のウェブメディア『よみタイ』で連載中の中村憲剛さんの「思考のパス交換」をスポルティーバでも特別に掲載。今回のゲストは、任期満了に伴って3月15日に退任されたJリーグの佐伯夕利子理事です。

佐伯さんは18歳でスペインに渡って指導者の道に進み、2003年に日本のS級ライセンスに相当する「NIVEL III」に合格。その後、UEFA Proライセンスを取得。スペイン3部チームやアトレティコ・マドリードの女子チームなどで指揮を執り、2008年からはビジャレアルにおいて育成改革に携わってきました。18年からJリーグの特任理事、20年から常勤理事を務められ、日本サッカー界の発展にも貢献されています。

中村さんは指導者として佐伯さんからアドバイスを受けてきたという関係性もあります。ちょうど佐伯さんがスペインから一時帰国しているタイミングで実現した2人による熱い"育成トーク"をお楽しみください。


中村憲剛さんと佐伯夕利子さんが対談中村憲剛さんと佐伯夕利子さんが対談

「4」がつく日にオンライン対談

中村 いつも何かと佐伯さんには選手の育成のことで教えてもらっていますけど、こうやって対談というのは初めてなんです。佐伯さんが書かれた『教えないスキル~ビジャレアルに学ぶ7つの人材育成術」(小学館新書)を読んで感銘を受けてJリーグのある方に「佐伯さんにぜひつないでください」とお願いしたことが始まりでしたよね。

佐伯 私のほうこそ「ぜひお話させてください」と。だってあの中村憲剛さんですから(笑)! 私はスペインにいるので、オンラインで定期的に話をしていきましょうとなり、「1カ月に1回くらいでいいですか」と聞いたら、「いや、もっと頻繁に」と。

中村 10日に一度でしたものね。

佐伯 川崎フロンターレでの憲剛さんの背番号が14だったので4日、14日、24日と「4」がつく日になりました。

中村 僕の聞きたいことが多すぎて、日本時間で、日付を越えてしまうこともありましたよね(苦笑)。改めてこの場を借りて謝りたいです。

佐伯 とんでもないです。フットボールを起点に教育の話だとか、今、抱える日本サッカーの課題だとか、憲剛さんの奥さまも一緒に(オンラインに)入ってくださるときもあって3人でいろんな話をするので、私のほうこそ全然時間が足りない。

中村 妻までお世話になって、本当にありがとうございます。今は一回、中断している形なので、理事を退任されてスペインに戻ったらまたお願いしたいです。

佐伯 だから、憲剛さんに直接お会いしたのは、帰国して先日の「シャレン!」(Jリーグの社会連携活動)が初めて。ずっとオンラインでしたから。

中村 思わず「ナマ佐伯!」と言っちゃいました(笑)

佐伯 私も「ナマ憲剛!」と(笑)