2022.03.12

浦和レッズが持ち味発揮の美しいゴールを決める。得点のカギとなったポジショナルプレーとは?

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
ショルツはどこにパスを入れて、湘南の守備を崩したか?

 Jリーグ第3節、浦和レッズが湘南ベルマーレを2-0で下し、今季初勝利を手にした。スーパーカップで昨季王者の川崎フロンターレに完勝した浦和だったが、シーズンが開幕すると4戦で1分3敗と未勝利が続いていた。

 浦和は、引き分けたヴィッセル神戸戦以外、1点差の接戦で競り負けてきた。しかし、この試合では前半16分と早々に江坂任が先制点を奪うと、後半終了間際に馬渡和彰が2点目を決めて、スーパーカップ以来の無失点で快勝となった。

 今回は、江坂が決めた先制点のシーンをピックアップする。

 前半16分、一度は湘南を押し込んだ浦和が、岩尾憲からアレクサンダー・ショルツへボールを下げて、もう一度攻撃を作り直すという場面だ。

後方でボールを受けたショルツは、どこへパスを入れたか後方でボールを受けたショルツは、どこへパスを入れたか この記事に関連する写真を見る  ボールを受けたショルツが顔を上げた時、前線には江坂、関根貴大、大畑歩夢が湘南の最終ラインに並んでポジションを取っていた。

 この場面でショルツはどこへパスを出し、浦和はどのようにして湘南の守備を崩しただろうか、というのがQuestionだ。