2021.12.25

大久保嘉人の引退は突然の決断で「急な展開だった」。「本当に満足している」から生まれ変わっても「サッカーはもういいかな」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

【もう一回初めからとなっても......】

――その切実さがピッチでの激しさ、猛々しさになっていた?

「結果を出さないと給料が上がらないしね。それで必死だったのかもしれない。まあ、俺はフツーの選手の何十倍もいろいろ言われているし、ちょっとしたことでも批判される。それを黙らせる手段がゴールだった」

――もう一回生まれ変わっても、サッカー選手?

「もういいかな、サッカーは(笑)」

――最後に、国見高校で坊主頭だったプロ入り前の大久保少年に、時を戻してアドバイスできることがあるとしたら?

「アドバイス、ないよ。そのままで、全然いい。だって、もう一回初めからやりましょうってなっても、今みたいにはなれない。ずっと点を取って、記録を刻むってことはできないと思う。それだけ、やってきたことに対して、本当に満足しているから」
(おわり)

大久保嘉人
おおくぼ・よしと/1982年6月9日生まれ。福岡県出身。国見高校からセレッソ大阪でプロキャリアをスタート。以降、マジョルカ(スペイン)、ヴィッセル神戸、ヴォルスブルグ(ドイツ)、川崎フロンターレ、FC東京、ジュビロ磐田、東京ヴェルディでプレー。川崎時代の2013年から3年連続でJ1得点王に輝くなど、J1リーグ歴代最多の191得点を記録。日本代表ではU-23代表でアテネ五輪、A代表では10年南アフリカW杯、14年ブラジルW杯に出場。21年に15年ぶりにC大阪へ復帰してプレーし、今シーズンを最後に現役引退を表明した。

関連記事