2021.10.31

J1残留を争う湘南ベルマーレ山口智監督。
足りないのは「遊び心みたいなもの」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by 日刊スポーツ/アフロ

第33節の横浜FC戦で、監督就任後、初勝利をあげた湘南ベルマーレ監督・山口智(右)。(写真は第31節)第33節の横浜FC戦で、監督就任後、初勝利をあげた湘南ベルマーレ監督・山口智(右)。(写真は第31節) この記事に関連する写真を見る  前節(第33節)、横浜FCとのJ1残留を賭けた重要なゲームにみごとな逆転勝ちをおさめた湘南ベルマーレ。残留争いのライバルとの勝ち点差を広げたのはもちろん、降格圏を脱し、9月に監督に就任した山口智にとって初勝利となり、三重の美酒となった。これまで自分たちのサッカーに進化と手応えを感じていたが、勝ち星に恵まれず、苦しい時間を過ごしてきた。初勝利を得て、ようやくトンネルから脱した山口が湘南のJ1残留に向け、いよいよラスト5の戦いに臨む──。

 今シーズン、コーチとしてガンバ大阪から湘南にやってきた山口に課せられたのは、守備の整備だった。これまでの試合のビデオや実際に試合を見て、分析すると課題が見えてきた。

「最初、守備は人に対する意識が強すぎて、ボールとスペースを見ることが得意ではなかったんです。人を見るべきなのか、スペースを埋めるべきなのか、カバーなのか、さらにその距離感でいいのかを僕の一方通行ではなく、選手と話をしながらすり合わせてきました。それから大きく変わりましたね。人に行く、ボールに行くという優先順位が合うといい守備ができるようになり、それがうちのストロングポイントになったと思います」

 山口によって守備が整備されると、細かなポジショニングでボールを奪ったり、スペースを埋めることができるようになった。失点が減り、アグレッシブで強度の高い守備は湘南の強みになった。それでもうまくいかない時もある。現役時代は守備について非常に厳しく、最終ラインから怒鳴り声を響かせることもしばしばだったが、今は冷静に状況を見ることに終始している。

「現役時代は厳しかったです(苦笑)。相手にやられたくないのと攻撃に対するこだわりがあったからこそ守備へのこだわりも強かった。妥協もしたくなかったので。今もそれはありますけど、プレーしていないので、そこの厳しさは今のところ抑えています(笑)」

 守備の強さが増したが、なかなか点をとれずに勝利をとりこぼし、引き分けるゲームが多かった。第33節が終わり、引き分けの数は13とリーグ内では最も多く、負けない湘南のイメージがあるが、山口はそこに物足りなさを感じている。