2021.08.21

横浜FMは攻撃力爆発で川崎Fを猛追。洗練されたサイドのコンビネーションを見よ

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
右サイドで小池龍太がボールを持ってから、横浜FMはどう崩したか?

 横浜F・マリノスが、第24節の大分トリニータ戦で5-1の大勝を収めた。

 マリノスは延期試合やACL(AFCチャンピオンズリーグ)組との日程調整が重なり、8月6日の第6節ガンバ大阪戦から、中2日の4連戦というハードな日程となった。その4戦目を勝利で飾り、3勝1分と大きく勝ち越して乗り切った。

 それどころか、この4試合では12得点と圧倒的な攻撃力を披露し、首位・川崎フロンターレを勝ち点差6で猛追している。

 なかでも存在感を示したのが、東京五輪メンバーの前田大然だ。前半30分に先制点を決めると、試合終盤にも2点を追加してハットトリックを達成した。

 今回はその前田が決めた先制点の場面からQuestion

右サイドで小池がボールを持ってから、どのように崩しただろうか?右サイドで小池がボールを持ってから、どのように崩しただろうか? この記事に関連する写真を見る  扇原貴宏と小池龍太が右サイドでパス交換をする間、マルコス・ジュニオールが前線から下りてボールを受けに来ると、岩田智輝が入れ替わるように前線にポジションを取り、小池がボールを持った瞬間に、岩田がボールを要求した。

 ここから、マリノスはどのように相手を崩しただろうか。