2021.06.16

土居聖真には「鹿島の血」が流れている。意識している先輩FWとの交流

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

土居聖真(鹿島アントラーズ)インタビュー@前編

 間違いなく、今の鹿島アントラーズを牽引している。土居聖真は、プレーで、姿勢で、まさに"鹿島"を体現している。

 シーズン途中の監督交代に踏み切り、コーチだった相馬直樹が指揮官に就任してから、鹿島はリーグ戦5勝1分の6戦無敗。J1第15節でサガン鳥栖、第17節で川崎フロンターレに敗れたものの、明らかな復調を見せている。

 そのチームにおいて、第12節の横浜FC戦で今季初ゴールをマークすると、5−3の撃ち合いを制した第14節の横浜F・マリノス戦ではハットトリックを達成。センターフォワード、トップ下、はたまたサイドと、幅広いポジションを担っているのが、ジュニアユースからの生え抜きでプロ11年目の背番号8だ。

アントラーズ伝統の8番を背負う土居聖真アントラーズ伝統の8番を背負う土居聖真 この記事に関連する写真を見る 「相馬監督になって、チームの目的意識がよりはっきりしました。それまではボールを握ることに注力しすぎたところもありましたが、相馬監督になり、攻守の切り替えについては強く言われています。とくにF・マリノス戦は、そこを活かせた試合でした。

 もちろん、簡単にボールを奪われてはいけないし、それは相馬監督も言っていること。そうした前提はありつつも、試合ではやっぱり、ボールを取られることもある。その時、チームとしてどうするのか。ボールを取られた選手はもちろん、周りの選手たちもカバーする意識が高まったことで、チームは機能するようになったと思っています」

 プレーと姿勢で鹿島を体現する土居の"思考"に耳を傾けてみたいと考えたのは、次のような言葉を期待していたからかもしれない。

「これはあくまで個人的な意見になりますが、それまではボールを保持しようとしすぎるあまり、ボールを取られた人に対して責任転嫁するところがあったというか。チームとして人任せにしている部分があったと、僕は思っています。

 それが今は、ボールは取られるものとすら考えて、みんなが次のプレーを準備している。相馬監督もチャレンジ&カバーという言葉を使いますが、カバーしてくれる選手がいるからこそ、チャレンジができる。