2021.05.28

J2ウォッチャー平畠啓史さんが激推し。今季絶対に注目してほしい選手3人

  • 池田タツ●取材・文 text by Ikeda Tatsu
  • photo by Getty Images

平畠啓史インタビュー@後編
前編はこちら>>

日本屈指のJ2ウォッチャーである平畠啓史さんに、今季の約1/3が終了したJ2を語ってもらう企画の後編。今回は、序盤戦で好プレーをつづけ、見る者を唸らせている注目の3人を挙げてもらった。

◆ ◆ ◆

個人での打開力に優れる、新潟の本間至恩個人での打開力に優れる、新潟の本間至恩 この記事に関連する写真を見る <1人で打開できるすごいタレント>
本間至恩(アルビレックス新潟)

 みなさんご存知だと思いますが、まずはアルビレックス新潟の本間至恩選手(身長164cm)ですね。

 1人で打開できる選手です。なんにも起こらないようなゼロの状況から、ゴールへの期待値が10→20→30と上がっていって、100。ゴールまで持って行けてしまう。

 今はどこのリーグを見ても組織的なサッカーがどんどん進化していますし、J2はとくに相手の良さを消していくサッカーをするチームが多い。そのなかで、個人でこういうプレーができる選手はそうそういません。

 あと日本人って、やっぱり小さい選手が好きじゃないですか。小さい選手が大きい選手を翻弄していくのは、見ていて本当に楽しい。昨季もすごかったけど、そこからの成長も著しいです。昨年までは攻撃面で「自分がやってやる」「俺はこんなプレーもできるんだ」といった形もあったと思いますが、今年はその場面でいちばん必要なプレーを出してくる感じですね。

 シンプルにやるところはやって、自分のポテンシャルを生かすべき場面で力を出すから、より生きる形になっていると思います。また守備の献身性も目立っていて、それがさらに本間選手の良さが出る状況を生み出しているんじゃないでしょうか。

 新潟の周りの選手も、「本間至恩」という存在をリスペクトしていますよね。彼を生かすために、周りがどう動くべきかすごく考えているようで見逃せません。例えば左サイドバックの堀米悠斗選手は、ボールが出てこないのがわかっていても左アウトサイドをオーバーラップしたり。高木善朗選手が本間選手にボールを預けたあとは、あまり近づかずにスペースを空けておいたり。

 本間至恩というすごいタレントを生かすプレーをチームとしてやっていけば、新潟は勝てるといった意識が、周りの選手からも感じます。それを認めさせた本間選手もすごいと思います。