2021.03.26

日本代表初選出の川辺駿。充実ぶりを証明するロングランニングの質向上

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
中央へ入ってきた川辺は、どんなプレーをしたか

 国際親善試合の韓国代表戦(3月25日)と、ワールドカップアジア2次予選兼アジアカップ予選のモンゴル戦(3月30日)に臨んでいる日本代表。国内組から8人が初招集され、フレッシュなメンバーとなった。

 そのなかに、サンフレッチェ広島のMF川辺駿が初めて名を連ねている。

 川辺は2013年の広島ユース時代にJ1デビューを果たし、その後トップチームに昇格した生え抜きだが、当初はほとんど出番がなく、ジュビロ磐田へレンタル移籍。武者修行に出た。すると名波浩監督(当時)の下で頭角を現し、持ち前の攻撃センスで主力へと成長した。

 磐田で3年間プレーし、2018年に広島に復帰。攻守にスケールアップした川辺はすぐに不動のボランチとしてのポジションを確立した。今季から副キャプテンを務めるなど、欠かせない存在だ。

 代表メンバー発表直後のJ1第6節大分トリニータ戦では、川辺らしい得点を披露した。

左サイドから中央に入ってきた川辺。このあとどう動いただろうか左サイドから中央に入ってきた川辺。このあとどう動いただろうか  後半42分、インターセプトをした今津佑太がドリブルで持ち上がると、前に残っていた川辺が左サイドから中央に動き出した。

 このあと川辺はどう動いただろうか?