2021.03.04

「ヴェルディが大好き」井上潮音がヴィッセルへの移籍を決断したワケ

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • 牛島寿人●撮影 photo by Ushijima Hisato

 思えば、昨シーズンのヴェルディでは、3トップの左を預かることが多かったが、彼が子どもの頃から主戦場としてきたのは、ボランチやトップ下。開幕前に行なわれた練習試合は完全非公開だったため、どのポジションを預かったのかは定かではないが、「小さい頃からずっと中盤をしてきたので、ヴィッセルのフォーメーションなら、中盤の3枚ならどこでもやれます」と自信をのぞかせる。その一方で、彼にとっては初めてのJ1リーグだからこそ、自分の"変化"も必要だと話す。

「もともと、加入する前からヴィッセルの志向するサッカーは自分のプレースタイルとマッチするだろうという想像はしていて、その印象は加入してからも変わっていません。ただ、当たり前のことながら、周りの選手のプレーの質だとかレベルは高いし、だからこそ自分ももっともっと成長しなければいけないと感じています。

 加えて、練習試合を戦ったなかでは......ボールを持てる選手が多いけれど、そこから点を取るとか、引かれた相手を崩すために、プレーのアイデアはもっと必要だし、そこで違いを出せる選手になっていかなければいけないとも思っています。また、僕自身、J1リーグでのプレーは初めてとなるなかで、そこにアジャストしていくためにも判断のスピードや、プレースピードも上げていかなければいけない。

 裏を返せば、それさえできれば、たくさんボールは出てくるからこそ、より自分らしさを発揮できるんじゃないかと思うし、チームメイトの質の高いプレーによって自分の特徴を引き出してもらえそうだなとも思っています」

 加えて、当たり負けしないフィジカルを備えようと体をひと回り大きくすることや、チームへの早いフィットを求めるために、ピッチ外ではできるだけいろんな選手とコミュニケーションを図ることも意識的に行なっているそうだ。

「僕はプレースタイル的にも、自分ひとりで何かを生み出せるタイプではないので、自分を理解してもらい、周りを理解することはすごく大事なポイントになってくる。それゆえ、本来は人見知りな性格なのですが、自分から話しかけないと馴染めないと思い、年上の選手にも、積極的に自分から話しかけるように心がけています。サッカー以外のところでは今、そこを一番がんばっているかもしれないです(笑)」