2021.03.04

「ヴェルディが大好き」井上潮音がヴィッセルへの移籍を決断したワケ

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • 牛島寿人●撮影 photo by Ushijima Hisato

 そうしたなかで、J1クラブのヴィッセルからオファーをいただき、代表やワールドカップを経験しているような、各国を代表する選手が在籍するこのチームでプレーすれば、間違いなく自分の成長につながると思ったし、それによって自分の目標や夢に確実に近づけるとも考えました。また、ヴィッセルの志向するサッカー、スタイルとしても自分に合っているということも大きかったです。

 もっとも、ヴェルディで過ごした日々に後悔はなく、常に『絶対に上に行ってやる』という向上心を持ち続けて戦ってこられたことや、自分にできることには常に100%で向き合ってきたことに嘘はありません。だからこそ、今回のオファーにつながったのだと思っています。これから先、自分自身でこの決断をよかったと思えるものにしていきたいと思います」

 とはいえ、一足飛びに夢や目標にたどり着けるほど、甘い世界ではないという自覚はある。そして、彼自身も「どちらかというと、先のことを考えて逆算して行動するのは得意ではない」からこそ、着実に一歩ずつ歩みを進める決意でいる。

「これまでも、ただただ、目の前のことを100%でやりきることを考えてきました。それがなければ試合にも出られないし、新しいチャンスもつかめないからです。

 事実、今年はオリンピックイヤーで、僕も年齢的には五輪代表の可能性があるので意識しないわけではないですが、そのためにはまず、ヴィッセルでの"結果"がすごく大事になってくる。そう考えてもまずはヴィッセルで、日々の練習から100%で向き合うことに集中したいと思っています。

 今シーズンの目標は全試合に出場して、なるべく多くの得点に関わるプレーをすること。それによって、自分の価値をもう1つ、2つ高めることができれば、ヴィッセルの力にもなれるはずだし、個人的にも見える景色が変わってくるんじゃないかと思っています」

 持ち味は、足元のテクニックと、ボールに関わりながらチームの流れを引き寄せ、攻撃を組み立てるプレーだ。