2021.01.25

主力が流出。J1移籍状況で見極める戦力ダウン必至のチームワースト3

  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 今季も数多くの選手が動いているJ1移籍市場。無論、積極的な補強で戦力アップを図っているチームもあれば、思うような補強ができていないチームもある。今回は移籍状況を見て、今季の戦力ダウンが否めないチームはどこか。識者にワースト3を挙げてもらった--。


レギュラークラスがごっそり抜けた湘南
新たな戦力の台頭に期待か...

浅田真樹氏(スポーツライター)

齊藤未月ら主力がごっそり抜けた湘南1位=湘南ベルマーレ

 湘南ベルマーレは昨季J1最下位のチーム。それほど豪華タレントを抱えていたわけではないとはいえ、これだけレギュラークラスがごっそりと抜けてしまっては苦しい。

 なかでもMF金子大毅(→浦和レッズ)、MF松田天馬(→京都サンガ)、MF齊藤未月(→FCルビン・カザン/ロシア)は、チームの軸となる選手だっただけに、その穴を埋めるのは簡単ではない。さらに言えば、昨季の菊地俊介に続き、今季は松田と、下のカテゴリー(J2)に選手を引き抜かれてしまうあたりは、単なる戦力流出以上の寂しさが漂う。

 しかしながら、湘南が主力を引き抜かれるのは今に始まったことではないだけに、新たな戦力の台頭に期待すべきなのかもしれない。


2位=浦和レッズ

 そもそも浦和は、新たにリカルド・ロドリゲス監督を迎え、おそらく目指すサッカーのスタイル変更が図られるのだろう。それがどこまでハマるのかもわからないし、意外な選手が高い適性を見せるかもしれない。

 だとすれば、現時点で選手補強の正否を判断するのは難しい。

 しかしながら、MF青木拓矢(→FC東京)、MF長澤和輝(→名古屋グランパス)、MFエヴェルトン(→ポルティモネンセ/ポルトガル)、MFマルティノス(→ベガルタ仙台)と、レギュラー級が一気にチームを離れたインパクトは強い。DF西大伍(ヴィッセル神戸→)、MF田中達也(大分トリニータ→)、MF金子大毅(湘南→)と、他チームの主力を獲得したとはいえ、単純な見た目の収支で言えば、やはりマイナスのほうが大きく上回っているのではないだろうか。


3位=柏レイソル

 言うまでもなく、FWオルンガ(→アル・ドゥハイル/カタール)の流出がすべてだ。たったひとりの選手が抜けただけとはいえ、昨季J1の得点王にしてMVPが抜けた穴は極めて大きい。

 昨季の柏は、最前線にオルンガがいることで成立していたと言ってもいい。ある程度守備を重視し、奪ったボールを前線へ送りさえすれば、オルンガが時にスピードで、時にパワーで相手DFを振り切り、ゴールを決めてくれた。

 それを考えると、"ポスト・オルンガ"を見つけることは難しく、だとすれば、サッカーの進め方そのものを考え直す必要がある。名将ネルシーニョのお手並み拝見であるが、簡単な作業ではないだろう。