2021.01.25

J1の移籍状況だけで推し量る、今季の躍進が期待できるチームベスト3

  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

優勝狙える戦力が整った名古屋
大量補強を敢行した清水も上昇確実

中山 淳氏(サッカージャーナリスト)

浦和のMF長澤和輝(写真左)など、攻守において効果的な補強を行なった名古屋浦和のMF長澤和輝(写真左)など、攻守において効果的な補強を行なった名古屋 1位=名古屋グランパス

 この冬の移籍市場で、最も効果的な補強を遂行したのは名古屋グランパスだろう。

 昨季はレンタルでプレーしていたFW金崎夢生(サガン鳥栖→)を完全移籍で獲得したほか、FW柿谷曜一朗(セレッソ大阪→)、MF齋藤学(川崎フロンターレ→)といった経験豊富な即戦力アタッカーを補強。懸案だった前線の選手層は確実に厚みを増した。

 守備陣では、DFオ・ジェソク(→仁川ユナイテッド/韓国)の抜けた穴に鳥栖で株を上げたDF森下龍矢を、さらにC大阪からボランチでもプレー可能なDF木本恭生を獲得。その他、川崎に移籍したMFジョアン・シミッチのポジションには、浦和レッズの万能型MF長澤和輝が加入するなど、新戦力は錚々たる顔ぶれだ。

 レギュラークラスもほぼ残留しており、優勝を狙えるだけの戦力が整ったと言える。


2位=清水エスパルス

 名古屋以上に積極的な補強を見せているのが、昨季16位に低迷した清水エスパルスだ。

 セレッソを躍進させたミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督が求める堅守を実現させるべく、守備陣に日本代表GK権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル→)、DF原輝騎(鳥栖→)、DF片山瑛一(C大阪→)、DF鈴木義宜(大分トリニータ→)、DFウィリアム・マテウス(コリチーバ/ブラジル→)ら即戦力を大量補強。

 攻撃陣も、FWジュニオール・ドゥトラ(→未定)の代わりに、期待十分のFWチアゴ・サンタナ(サンタ・クララ/ポルトガル→)と、昨季のJ2得点ランキング2位のFWディサロ 燦シルヴァーノ(ギラヴァンツ北九州→)を補強するなど、戦力は確実にアップしている。


3位=横浜FC

 横浜FCは、ベルギーに旅立ったFW斉藤光毅の移籍金収入もあり、例年になく激しく動いた。特に前線にはガンバ大阪からFW渡邉千真、ヴィッセル神戸からFW小川慶治朗、鹿島アントラーズからFW伊藤翔とベテランFWを補強し、J2ジェフユナイテッド千葉からはFWクレーベを獲得。FW一美和成(→G大阪)、FW皆川佑介(→ベガルタ仙台)、MFレアンドロ・ドミンゲス(→未定)が抜けた穴をしっかり埋めた。

 DF中塩大貴(ヴァンフォーレ甲府→)、MF高橋秀人(鳥栖→)、DF岩武克弥(浦和→)が加わった守備陣も、選手層が増して残留のための戦力は整ったと言える。

関連記事