2021.01.25

J1の移籍状況だけで推し量る、今季の躍進が期待できるチームベスト3

  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

最高に近い補強となった名古屋
復権の準備は整ったが...

小宮良之氏(スポーツライター)

名古屋での活躍が期待される柿谷曜一朗1位=名古屋グランパス

 名古屋グランパスを率いるマッシモ・フィッカデンティ監督は2020年シーズン、GKミッチェル・ランゲラックを中心に堅牢なチームを作り上げた。リーグ最少失点を記録。イタリア人指揮官にとって、守備の植えつけはお手の物だ。

 J1制覇に向け、名古屋が必要とするのは得点力だろう。守備をベースにした戦いを、攻撃的にシフトするのは人を替えるしかない。単純に、得点力を備えた選手を獲得し、駒を増やすのが至上の策だ。

 その点、最高に近い補強になった。

 柿谷曜一朗(セレッソ大阪→)、齋藤学(川崎フロンターレ)の2人のアタッカーは貴重なカード。攻撃のバリエーションを生み出せるだろう。柿谷はムラがあるが、トップでプレーする強さもあり、ワンプレーで流れを変えられる。そして、齋藤のドリブルは相手に決定的ダメージを与えられる。

 また、守備面も補強できた。MFジョアン・シミッチ(→川崎)の放出は痛いが、監督の信奉するプレースタイルとは合っていなかっただけに、大きなマイナスにはならないだろう。新戦力の長澤和輝(浦和レッズ→)は、中盤で堅実な働きができるはず。また、木本恭生(C大阪→)はボランチ、センターバックを兼務し、プレーにインテンシティを注入できる戦術的プレーヤーだ。

 額面どおりいけば、復権の準備は整ったが......。


2位=清水エスパルス

 清水エスパルスは、スペインの名将ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(C大阪→)と契約できたことが大きい。過去現在、Jリーグに来たスペイン人監督では格が違う。その仕事は堅実で論理的。守りを出発点に、ポジショニングや適切な判断をトレーニングで高められる。結果、試合を重ねるたびに少しずつ選手の力を引き上げられるのだ。

 ロティーナ監督の招聘は、在籍選手のレベルを上げることにつながり、有力選手の補強をはるかに超える。


3位=鹿島アントラーズ

 鹿島アントラーズの補強は新卒や下部組織昇格選手以外は、現時点でブラジル人のFWアルトゥール・カイキ(アル・シャバブ/サウジアラビア→)と、MFディエゴ・ピトゥカ(サントス/ブラジル→)の2人だけ。しかし、その"静けさ"がチームとしての盤石さを伝える。スカウティングに優れるチームならでは、獲得してきた選手が確実に戦力になっていて、若手の台頭も十分に予想されるだろう。

 ちなみに、カイキはビジョン、テクニックに優れ、相手のタイミングを外すプレーを得意とし、楽しみな新戦力だ。