2020.10.06

神戸・古橋亨梧の覚醒がエグい。
日本代表でのプレーを見てみたかった

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 古橋亨梧の覚醒がスゴい。

 トルステン・フィンク前監督が突然の退任となったヴィッセル神戸。退任直前のJ1では、3敗4分けと7試合も勝利から遠ざかっていたにもかかわらず、指揮官が代わって以降は無傷の4連勝。その間、5ゴールを叩き出し、チームの蘇生に大きく貢献しているのが背番号11のFW、古橋である。

 これで、今季のゴール数を背番号と同じ11まで伸ばした古橋は、シーズン半ばにして早くも昨季のゴール数10を上回った。一昨季、古橋はシーズン途中にFC岐阜から神戸へ移籍し、J2とJ1にまたがって合計16ゴールを挙げているが、自己最多の更新も、完全に射程圏内にある。

シーズン半ばにして、ふた桁ゴールを記録した古橋亨梧 振り返ってみると、古橋は今季開幕当初から好調さが目立っていた。

 スピードを生かしたドリブル突破はもちろん、フリーランニングの質も向上し、タイミングのいい飛び出しから相手DFの背後を取ることで、決定的な得点チャンスを増やした。

 そこには当然、稀代の名パサー、MFアンドレス・イニエスタの存在も大きく作用していただろう。イニエスタとの呼吸を合わせるなかで、自然と求められるレベルは上がっていたはずだ。

 足元で受けてよし。裏へ走り込んでよし。古橋は相手DFを面白いように翻弄した。