2020.07.06

徹底した「F・マリノス対策」にも
屈しない王者に連覇の可能性を見た

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Kyodo News

 とはいえ、まずは1勝を早く手にしたいというのも、偽らざる本音だろう。

 酷い内容の試合が続いていても、ひとつの勝利が転換点となり、試合内容が大きく良化していくことがある一方で、試合内容はよくてもなかなか勝てずにいると、次第に内容も悪くなってしまうケースも珍しくない。まして、週2試合に近いペースで連戦をこなすとなると、流れを変えるきっかけがないまま、ズルズルと負の連鎖に陥ってしまいかねない。

 キャプテンのMF喜田拓也は試合後、本来のリズムで試合を進められなかった理由として、「試合勘(の不足)は一理ある」としつつ、こう続ける。

「他にももっと上げられるところが確実にある。要因を分析して、中3日で試合が続くので、そこのところ(の修正)をスピード感を持ってやっていきたい」

 出来は上々。それだけにまずは1勝することが、連覇への第一関門となりそうだ。

関連記事