2020.07.06

レイソル「怪物不在」で勢い激減。
ネルシーニョが描く今後のビジョンは

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

 いつもは野太い声援や鳴り物で騒がしい柏レイソルのゴール裏も、この日ばかりは静かだった。

 聞こえてくるのは選手の声と、ボールを蹴る音、そして、ボディコンタクトの際に生じる痛々しい音のみだった。

開幕戦で大活躍したオルンガは不発に終わった 約4カ月ぶりに再開されたJ1リーグは、普段は聞くことのできない生々しいサウンドと、普段とは異なる静寂に包まれた。新鮮でありながらも、物足りない。なんとも不思議な空間だった。

 観客不在の異様な雰囲気のなかで行なわれた柏とFC東京の一戦。しかも、久しぶりの実戦である。「前半は両チームともに硬さが目立ち、ボールが落ち着かない展開だった」(FC東京・長谷川健太監督)のは致し方なかっただろう。

とりわけ、その影響をもろに受けたのはホームチームのほうだった。4カ月前の開幕戦で北海道コンサドーレ札幌に4-2と快勝を収めた勢いはそこにはなく、スタジアムの雰囲気と同様に、静かな戦いに終始した。

 もちろん外的要因だけではなく、迫力を欠いたのには、いくつかの理由があっただろう。そのひとつに挙げられるのが、大黒柱のクリスティアーノがメンバーから外れたことだ。