2020.04.08

ポンテは大事な試合で必ず決定的活躍。
浦和は黄金期を迎えた

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • photo by AFLO

1993年~2019年Jリーグ
『私のMVP』~あの年の彼が一番輝いていた
第2回:2007年のロブソン・ポンテ(浦和レッズ/MF)

 2000年代中盤、浦和レッズは数年にわたって黄金期を謳歌した。そのチームの中心にいたのが、万能の攻撃的MFロブソン・ポンテだった。

2000年代中盤、浦和レッズ黄金期の攻撃陣を支えたポンテ 浦和は結果の出なかったJリーグ序盤を経て、2003年にハンス・オフト監督のもとでリーグカップを制して初タイトルを獲得。翌シーズンにギド・ブッフバルト監督を招聘し、リーグのセカンドステージで優勝を飾った。翌2005年夏にそれまでのエース、エメルソンがカタールへ去ると、ドイツ人指揮官は母国のレバークーゼンからポンテを連れてきた。

 レバークーゼンではディミタール・ベルバトフやフランサらと魅惑の攻撃陣を形成し、チャンピオンズリーグにも出場。2004-05シーズンのグループステージでは、ジネディーヌ・ジダンやルイス・フィーゴを擁したレアル・マドリードを3-0で叩きのめし、フランチェスコ・トッティやアントニオ・カッサーノがいたローマにも3-1で快勝している。