2019.10.15

川崎F、悲願のルヴァン杯制覇へ。
光った重鎮コンビのリスク管理

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

 ただ、リーグ戦では2連覇を達成している川崎だが、このルヴァンカップのタイトルはまだない。これまでに決勝に4度コマを進め、すべて敗れている。川崎が長く「シルバーコレクター」と呼ばれてきたゆえんである。

 個人としては3度、決勝で敗れている中村は、「全部負けているんで、悔しい思い出しかない」と言う。しかし、「喜びに変えるチャンスが来た。(決勝の相手である北海道コンサドーレ札幌は)攻撃的でアグレッシブなチームだと思います。守り合いにはならないと思うし、攻撃的な戦いになると思うので、楽しみにしています」と、決勝に向けての意気込みを語っている。

 リーグ戦では首位の鹿島に勝ち点8差をつけられており、3連覇の実現は厳しくなっている。ACL、天皇杯も敗れるなか、このルヴァンカップがタイトル獲得の最後のチャンスとなるだろう。試合巧者の資質を手にしたチームは、果たしてほろ苦いカップ戦の歴史に終止符を打つことができるだろうか。

関連記事