2019.08.24

偉大な男トーレスの最終ゲーム。
イニエスタは黄金の輝きで華を添えた

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 トーレスは自ら幕引きを決めたが、それは己に厳しいトッププロの潔さだったのだろう。

「ストライカーを選んだら、ゴールすることが仕事になる。ゴールしなければ生き残れない。自分は人生を、ゴールすることで道を切り開いてきた」

 試合後の会見で、トーレスは胸を張って言った。

 今後はひとまず故郷のマドリードに戻る。鳥栖とは2020年12月までクラブアンバサダーの契約があるという。そのあとは気になるが、まずは戦い疲れた羽を休めるのだろう。

 現役最後の試合でピッチに出る直前、父と息子の会話だ。

「これ、最後の試合だぞ」

 父トーレスが息子に向かって言う。

「うん、終わったらバカンスだね!」

 息子は楽しそうに答えた。トーレスは微かに笑みを浮かべ、ピッチへ向かった。


関連記事