2019.08.05

鳥栖、土壇場の同点弾で最下位脱出。
足りないのは「運と流れ」だけだ

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya
  • photo by KYODO

 J1リーグ第21節、最下位のサガン鳥栖がホームに大分トリニータを迎えた”九州ダービー。引き分け以上で最下位脱出となる鳥栖だが、残留争いから抜け出すには勝ち点3がほしい試合。一方の大分も上位に食い込むためには勝利がほしいところだ。

 試合は、開始早々から鳥栖がハイプレッシャーをかけ、大分のポゼッションサッカーに対応する。しかも状況に応じて、前からプレッシャーをかける場合と、しっかりと後ろでブロックを作るときを使い分け、大分にサッカーをやらせない。ただ、それでも大分は慌てることなく冷静にボールを回した。

 一進一退のまま、お互いに決定機を作り出すものの決め切れず、前半はそのまま0-0で折り返した。

 後半に入り、均衡を破ったのは鳥栖だった。後半2分、福田晃斗のハイプレスから、ルーズボールを拾った安庸佑が、右ライン際からドリブルでゴールに向かい、左足でファーサイドに流し込んで先制する。

 大分は後半15分、ティティパンに代えて藤本憲明を投入。すると後半18分、左サイドを突破した田中達也のクロスを、三竿雄斗がニアで押し込んだ。鳥栖はオフサイドポジションにいた藤本がプレーに関与したと主張したが、判定は覆らず同点に。

 その後、鳥栖は金森健志、イサック・クエンカを続けて投入し勝負に出るが、2点目を決めたのは大分だった。後半37分、右サイドでのパス交換から岩田智輝がゴール左隅に決めて逆転に成功する。

大分トリニータ戦で試合終了間際に同点に追いついたサガン鳥栖の選手たち 試合はこのまま終わると思われた後半45分、大分のGK高木駿のパスミスをクエンカがカットし金森へ。金森はGKを引き付け、そのパスを受けた金崎夢生が決めて、土壇場で同点に追いついた。お互いに勝ち点3がほしかった試合は結局、引き分けに終わった。

 それでも鳥栖は貴重な勝ち点1を奪い、最下位を脱出した。試合内容も決して残留争いをしているチームとは思えない戦いぶりだった。

 大分に同点に追いつかれるまでは、プランどおりに試合を進めていたと言っていいだろう。同点にされたゴールも、もしVARが導入されていればノーゴールになっていてもおかしくない、微妙なものだった。ただ、こういう運のなさも下位に沈んでいるチームにはありがちだ。