2019.04.07

イニエスタだけでは放り込み戦術に。
神戸バルサ化は一日にしてならず

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya photo by KYODO

 バルセロナのサッカーを目指している神戸だが、前半は松本の中盤の激しいプレッシャーにシュートさえ満足に打たせてもらえなかった。ポドルスキが不在で、ボールが収まる場所が減り、頼みのビジャも前半で負傷交代。するとフアン・マヌエル・リージョ監督は、後半、完全に「バルサのサッカー」を捨てた。

 徹底してサイドからクロスを多用し、ビジャに代えて投入したウェリントンの高さを活かすサッカー。もちろん、その作戦が功を奏して、完全に主導権を握ったのは事実だ。さらに、終盤になって時間がないとみると、やみくもにゴール前にボールを放り込むサッカーを展開。そこには「バルサのサッカー」の片りんさえ見られなかった。

 本家・バルサは、誰が出場しても徹底的にボールをつなぎ、自分たちのスタイルを貫く。リージョ監督は後半、細かくパスをつなぐよりも、シンプルにサイドからクロスを上げた方が、点を取る確率が高いと考えたのだろう。結局それは、”VIP”と呼ばれる3人(ビジャ、アンドレス・イニエスタ、ポドルスキ)が揃わなければ、バルサのサッカーはできないということを暴露してしまったことになる。

 神戸は次節、首位サンフレッチェ広島と対戦するが、ビジャの出場は難しいだろう。ポドルスキは出場できるのだろうか。ふたりが欠場となれば、いくらイニエスタが奮闘しても、厳しい戦いを強いられるのは間違いない。

バルサ化への道はまだまだ遠くて険しい。



関連記事