2019.03.18

フロンターレ4戦未勝利はナゼなのか。
家長昭博は断言「迷いがある」

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 昨シーズン、J1連覇を達成した王者・川崎フロンターレが苦しんでいる。

 ガンバ大阪をホームに迎えたJ1第4節、0-0で推移していた試合終了間際だった。

 川崎は、中央でG大阪のアデミウソンに前を向かれると、左サイドで待つ小野瀬康介へと展開される。追い越してきた藤春廣輝にパスがつながると、タッチライン沿いからゴール前に。ボールはDFをすり抜け、逆サイドへ流れると、攻撃的なポジションを取っていた右SBの三浦弦太にフリーでシュートを許してしまった。

ガンバ大阪にも負けて開幕4試合でいまだ未勝利の川崎フロンターレ このゴールが決勝点となり、G大阪が1-0で勝利。川崎は今季リーグ戦初黒星を喫しただけでなく、開幕から4試合未勝利(3分1敗)となった。

 試合後、G大阪の宮本恒靖監督が「(勝利は)どちらに転ぶかわからなかった」と話したように、シュート数で上回っていたのは川崎であり、試合の主導権を握っていたのも川崎だった。

 実際、前半9分には、左サイドを長谷川竜也が個人技で突破すると、好機を演出。ラストパスは走り込んだ中村憲剛の足にわずかに合わず、詰めた鈴木雄斗のシュートもGKに阻まれた。

 前半29分にも、1トップで先発した知念慶とのコンビネーションから、家長昭博が角度のないところからシュートを放った。ドリブルを武器とする齋藤学が途中出場すれば再び流れを掴んだし、失点直前の後半43分にも同じく途中出場したFWレアンドロ・ダミアンがDFをかわしてシュートを放った。

 90分を通して見れば、川崎の好機が皆無だったわけではないし、特徴である攻撃的なサッカーが展開できていなかったかと言えば、そんなこともない。ただ、J1初優勝した2017年シーズンや、連覇を達成した昨シーズンと比べれば、そこにはやはり迫力が欠けるし、チーム全体に迷いが生じているように感じられた。

 昨シーズンMVPを獲得し、今シーズンも攻撃の核としてピッチに立つ家長は、「負けるべくして負けた試合だった」と認めつつ、その迷いを言葉にした。