2019.03.11

「愚直に前へ」。F・マリノスの
劇的同点弾を生んだ「やり続ける」姿勢

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by KYODO

「とにかく引かない。引いてやられるよりも、前からのハードワークで最善を尽くす。その覚悟で戦った」(MF喜田拓也、横浜F・マリノス)

 この日、横浜F・マリノスは最後まで一貫した戦いを見せている。目を覆うようなミスは何度か出たし、それは明らかな弱点でもあった。しかし、挑むようなプレーを少しも変えていない。

「アタッキングフットボール」

 そう標榜するオーストラリア人、アンジェ・ポステコグルー監督が率いて2年目。そのチャレンジは結実するのか?

川崎フロンターレ戦の終了間際、扇原貴宏の同点ゴールが決まった横浜F・マリノス 3月10日、日産スタジアム。開幕2連勝でスタートを切った横浜FMは本拠地に、3連覇を目指す王者、川崎フロンターレを迎えた。序盤は敵ゴール前にも近づけなかった。プレスをはがせず、ボールを運ばれ、力の差を感じさせた。

「ビルドアップのところでは課題が出ました。(パスを受けるための)ズレがうまく作れなかった。(川崎が)きー坊(喜田)にあえて出させて、そこを狙われたというか」(GK飯倉大樹・横浜FM)

 前半4分だった。川崎は、GKからビルドアップを試みる横浜FMの動きをはめる。GK飯倉が後ろから喜田につなごうとしたパスを、インターセプトに成功。田中碧からのスルーパスを受けたレアンドロ・ダミアンは、GKの鼻先でボールを浮かし、鮮やかに先制点を決めた。

 横浜FMは後手を踏み、その後も形勢は悪かった。しかし、インサイドハーフに入った天野純、大津祐樹が左右にボールを引き出す。2人はキープ力とパス出しに優れ、プレーを旋回させ始める。