2019.02.12

鳥栖の選択は吉と出るか。スペイン人
新指揮官は「トーレスのお友達」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Osports Photos/AFLO

 2019年シーズン、サガン鳥栖を率いることになったスペイン人指揮官、ルイス・カレーラス(46歳)。だが、その実像はあまり語られていない。

「カレーライス」と響きが近いだけに、ダジャレばかりに引っ張られている印象だろう。carreraはスペイン語で「競争」という意味だ。そこから派生し、「キャリア」「列」という意味も含まれる。カレーラスはその複数形である。

 もっとも、名前の意味を知っても彼を語ることにはならないだろう。カレーラスとは、どのような経歴の持ち主なのか?

今季からサガン鳥栖の指揮を執るルイス・カレーラス カレーラスは現役時代、バルセロナ、オビエド、ラシン・サンタンデール、マジョルカ、アトレティコ・マドリード、アラベスなどでプレーしている。

 バルセロナでは、あのヨハン・クライフの指導を受け、左サイドバックとしてプロデビューを果たした。その後、トップに定着することはできなかったものの、オビエド、ラシンという1部のクラブで試合出場を積み重ねている。そして、マジョルカ、アトレティコ、アラベスで、3度にわたって1部昇格を経験した。

 2007年に現役引退後、指導者に転身している。

 まずは4部のアラベスBをシーズン途中(前半戦はアシスタントコーチだった)から率いたが、地域リーグまで降格させてしまった。出足で躓くことになったが、2010‐11シーズンには、3部のサバデルを率いて、2部に昇格させている。当時、チーム得点王だったのが、指宿洋史(湘南ベルマーレ)だ。鳥栖に入団が決まったイサーク・クエンカのウィングプレーも引き出している。