2018.11.13

「らしいスコア」で首位を死守。
松本山雅、4年ぶりのJ1昇格なるか

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

 J1では川崎フロンターレが連覇を達成し、ACLでは鹿島アントラーズが頂点に立った。J3ではFC琉球が悲願の初優勝と、各コンペティションでタイトル獲得チームが決定し、2018年の日本のサッカーシーンもいよいよフィナーレの時を迎えている。

松本山雅で5年目を迎えた36歳の田中隼磨 しかし、J2リーグだけはいまだ、決着の気配を見せていない。残り1試合となったのに、優勝チームはおろか、自動昇格も、プレーオフ進出チームも確定していない状況だ。今季のJ2はまさに、最後まで予想のつかない大混戦が続いている。

 第40節を終えて首位に立つのは、松本山雅FCだった。栃木SCの本拠地で行なわれる第41節で勝利を収めれば、優勝、あるいは自動昇格を決められる可能性があった。

 その歓喜の瞬間を目撃しようと栃木行きを決めたのだが、前日にその目論見はあっさりと破綻した。勝ち点1差で松本を追う2位の大分トリニータと、3ポイント差に迫る4位の横浜FCが揃って勝利を収めたことで、翌日に試合を控えていた松本の今節の優勝・昇格は最終節に持ち越しとなることが、この時点で決まってしまったのだ。

 取材者としては肩透かしを食らった格好だが、当事者の松本にとっては一気に追い込まれる状況となった。試合前の時点では大分にかわされて暫定2位に転落。横浜FCには勝ち点で並ばれ、同日に試合があったFC町田ゼルビアの結果次第では、自動昇格圏内(2位以内)から滑り落ちる可能性もあったからだ。

 思い起こされるのは2年前、松本は第40節まで2位につけながら、第41節に町田に敗れて3位に転落。最終節で勝利したものの、得失点差で清水エスパルスに及ばず、自動昇格の権利を手にできなかった。そして、プレーオフではファジアーノ岡山に苦杯をなめ、昇格を逃している。

 置かれた状況は違えども、同様の結末に陥る可能性は少なからずあった。しかし、松本は同じ轍(てつ)を踏むことなく、敵地での一戦を1-0でモノにして、首位の座を維持したまま最終節を迎えることとなった。