2018.10.13

山本脩斗の鹿島加入時の逸話。
「強化部も僕をよく知らなかったと思う」

  • 寺野典子●文 text by Terano Noriko
  • 渡部 伸●写真 photo by watanabe shin

遺伝子~鹿島アントラーズ 絶対勝利の哲学~(32)
山本脩斗 前編

ジーコの証言から読む>>

「やはり、負けない」

 93分、コーナーキックから犬飼智也が鮮やかなヘディングシュートを決め、1-1の同点に追いついたとき、そう思った。

 9月1日から11試合目となるルヴァンカップ準決勝第1戦(10月10日)ホームに横浜Fマリノスを迎えた鹿島アントラーズ。連続出場を続けていた鈴木優磨をベンチ外として挑んだ試合は、横浜の勢いに押されるような展開となった。それでも両サイドで高い位置を取る横浜の攻撃にも耐えた。

「サイドを突破されても中でいい対応ができていた。我慢しながらできていた」と語るセンターバックの犬飼は若い町田浩樹と共にゴールを守った。そして、ポストプレーヤーの鈴木が不在ながらも、チャンスも作れた。

「ボールを獲ったあと、相手のプレッシャーを1個外せれば、サイドチェンジしたときに、結構チャンスになっていた。優磨がいないからといって、それしかできないという戦い方はうちにはないので、臨機応変に戦えていた。あとは僕が、ラストパスとか、決め切るところだけだったと思うので、本当に今日は責任を感じている。反省もするけれど、次の試合へ向けて自分にいい意味でプレッシャーをかけて取り返せればいい」と振り返る土居聖真は、34分に得たPKを外している。

 77分に直接FKを決められて、リードを許す。そして、80分内田篤人がピッチへ座り込む。腕に巻いたキャプテンマークを外し、交代を申し出た。この日、中村充孝に続く負傷退場だ。

「つったかなと思ったけど、(左モモ裏の)肉離れだと思う。調子がいいときに肉離れは起きてしまう。週1で試合に出られるようになって、これからというときだったので、残念。チームに迷惑をかけてしまうことになる。申し訳ない」と内田。長期離脱からの復帰途中。もどかしさを打ち消すように「しかたがない」と言った。